• メ~テレNEWS LIVE 24
  • メ~テレ参院選2022

ゲノム解析可能だった157人中150人が「BA.2」 三重県「ほぼ置き換わっている」

2022年5月24日 16:36
三重県では24日新たに325人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。前の週の火曜日と比べて12人少ない人数です。また県はゲノム解析の結果陽性者のほとんどが「BA.2」に置き換わっているとの見方を示しました。

 24日に発表された新規陽性者325人のうち、20代以下が54.2%を占めています。

 地域別では、四日市市で76人、鈴鹿市で53人、桑名市で37人、松阪市で31人、いなべ市で21人などとなっています。

 4月10日から26日にかけて感染が確認された陽性者のうち、199人の検体を県がゲノム解析したところ、157人がオミクロン株で、このうち150人が従来のオミクロン株よりも感染力が高いとされる「BA.2」であったことがわかりました。残り42人分は「解析不能」で他の株は確認されませんでした。

 県の担当者は「ほぼBA.2系統に置き換わっている」との見方を示しました。

 24日午前9時現在で県内の病床使用率は21.2%、重症者は0人です。自宅療養者は2943人です。

これまでに入っているニュース

もっと見る