• メ~テレNEWS LIVE 24
  • メ~テレ参院選2022

愛知県と岐阜県が旅行代金の「県民割」を近隣県に拡大へ 5月9日から

2022年5月2日 16:43
愛知県は、新型コロナの影響を受けた観光関連事業者への支援策で、県民による県内への旅行の代金を割り引く「県民割」について、対象者を近隣の県に拡大します。

 愛知県は、旅行や宿泊代金の半額、上限5000円を電子マネーで還元するなどの「あいち旅eマネーキャンペーン」を、ゴールデンウィーク明けの5月9日から再開させます。

 また、旅行業者の商品が割引価格で販売される「LOVEあいちキャンペーン」を、19日から再開させます。

 対象者は愛知県民となっていましたが、岐阜・静岡・長野・福井・石川・富山・新潟の近隣7県の県民にも拡大すると発表しました。

 愛知県民がこれらの県に旅行する際は、現地の「県民割」を受けられるようになります。

「愛知県民の方が例えば長野県に旅行した場合は、長野県の旅行商品が使える。相互乗り入れです」(愛知県 大村秀章知事 2日)

 三重県については調整が進められています。

 また岐阜県も、「『ほっと一息、ぎふの旅』キャンペーン」を5月9日から再開させると発表しました。

 対象者は岐阜県民のほか愛知・滋賀・静岡・長野・福井・石川・富山の近隣7県の県民です。

 三重県と新潟県については調整が進められています。

 また、このキャンペーンを利用すると土産物店や飲食店で使える電子観光クーポンが1人1日当たり2000円もらえる事業「ぎふ旅コイン」も実施します。

これまでに入っているニュース

もっと見る