• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

藤井聡太五冠「楽しみ」 注文したおやつは「春摘み苺のドルチェ」 叡王戦五番勝負の第1局

2022年4月28日 16:34
 愛知県瀬戸市出身の将棋の藤井聡太五冠(19)にとって今年度初のタイトル戦「叡王戦」が始まりました。挑むのは、28日に27歳の誕生日を迎えた出口若武六段です。気になる今回のおやつも取材しました。
 東京の神田明神で行われている叡王戦五番勝負の第1局。
 
 2021年に「叡王」のタイトルを獲得した藤井五冠にとっては防衛戦で、今年度初めてのタイトル戦です。

 藤井五冠と出口若武六段は27日、対局への意気込みを語りました。

 「久々の公式戦で緊張感もあるし、本年度初めとして良いスタートを切りたいと思います。出口六段は非常に良い内容で勝ち上がって勢いがあり、手ごわい挑戦者だと思います」(藤井聡太 五冠)
 「一言で言えば強い方という印象があります。白熱した将棋を指すことができればなと思っています」(出口若武 六段)

 これまでのタイトル戦では、プロ棋士の先輩を相手にしてきた藤井五冠。

 出口六段は、藤井五冠よりも年齢は上ですが、藤井五冠より遅れてプロ棋士になった“後輩”です。

 初めて“後輩”の挑戦を受ける藤井五冠の心境について師匠の杉本昌隆八段は次のように話しました。

 「『後輩からの挑戦だから負けるわけにはいかない』などプレッシャーには藤井五冠は無縁だと思います。『負けられない』『負けちゃいけない』はあまり感じるタイプではないですね」(杉本昌隆 八段)
 

藤井五冠のおやつ

今年のおやつは何にする? 藤井五冠のチョイスは「苺の…」
 そして、対局と同じくらい注目を集めているのが「おやつ」です。
 
 2021年の叡王戦では、藤井五冠が注文スーツした不二家の「コロコロしばちゃん」が大ヒット、犬をモチーフにしたかわいい見た目のカップケーキです。

 27日の会見では、藤井五冠が「おやつ」について触れる場面もありました。

 「不二家が主催なので、対局の時のおやつも今期提供してくださるということで楽しみにしています」(藤井聡太 五冠)
 

「春摘み苺のドルチェ」(581円)

 そんな藤井五冠が、28日の第1局午前10時のおやつに注文したのが「春摘み苺のドルチェ」。

 カスタードやピスタチオのクリームと苺をサンドしたスポンジケーキで、22日から販売が始まった不二家の新商品です。

 期間限定の新商品で、スポンジで軽いタイプのカスタードクリームとスライス苺をサンド。

 上部にはピスタチオクリームを絞り、ベリーのソースとホワイトチョコチップで苺を表現したスイーツということです。値段は税込み581円です。

 「イチゴを表現した商品で、甘さと酸味が絶妙なバランスになっています。最近、ピスタチオがブームなのでそれも入ったとてもおいしい商品です」(名古屋三越栄店 和洋菓子担当 児玉美優さん)

 一方の出口六段は、不二家の看板商品「ミルキー」が9粒入った「ミルキー缶」を注文しました。

 ケーキをイメージした化粧缶の中にミルキー9粒が入っていて、持ち手付きのミニケーキ箱に入ったホールケーキ缶はプチギフトにもおすすめだということです。

 箱にショートケーキ発売100周年ロゴ入りで税込み550円、4月下旬より順次発売されます。

(4月28日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る