• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

種まき権兵衛286回目の法要 コロナ禍で「権兵衛踊り」は3年連続中止に 三重県紀北町

2022年3月21日 17:17
三重県紀北町で、地元の英雄「種まき権兵衛」の法要が行われました。

 「種まき権兵衛」こと「上村権兵衛」は江戸時代の農家の人物で、まいた種をカラスに食べられても追い払わず何度も種をまき直し、村を飢餓から救いました。

 そして住民を困らせていた大蛇を銃で退治しましたが、その時に浴びた大蛇の毒で死んだと伝えられています。

 紀北町便ノ山の宝泉寺では今年で286回目となる「権兵衛」の法要が行われました。

 例年はユーモラスな振り付けで「権兵衛」の種まきの様子を表現した「権兵衛踊り」などが披露されますが、新型コロナの影響により3年連続で中止となり、寺の住職がお経をあげ参列者が順番に手を合わせていきました。

これまでに入っているニュース

もっと見る