• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

中部電力 通期の最終損益予想を450億円の赤字に下方修正

2022年1月28日 18:48
中部電力は2022年通期の業績見通しを赤字に下方修正しました。

中部電力

 28日に発表された中部電力の2021年4月から12月の連結決算は売上高が1兆8268億円、純損益は131億円の赤字となりました。

 浜岡原発停止の影響で赤字が続いていた2013年以来、8年ぶりの赤字となります。

 電力需給がひっ迫する中燃料価格の大幅な高騰により電力の調達コストが増加していることなどが要因です。

 2022年通期の業績見通しは、最終損益を250億円の黒字から450億円の赤字に下方修正しました。

 また、28日に明らかになった3月分の一般的な家庭の電気料金は、前の月と比べ292円値上がりの7949円となり、この1年で約30パーセントの値上がりです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る