• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

岐阜県で757人の新型コロナ感染確認、過去2番目の多さ 小学校や保育園でクラスター

2022年1月26日 19:28
 岐阜県では26日、新たに757人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。1日当たりの感染者としては、過去最多だった前日25日の816人に次ぐ、過去2番目の多さです。

東海3県の新たな感染者(26日)

 地域別では岐阜市で151人、大垣市で74人、可児市で49人、羽島市で43人、多治見市で42人、関市・美濃加茂市で各41人、各務原市で38人、高山市で32人、瑞穂市で26人、海津市で19人、土岐市で16人、安八町で15人、瑞浪市・養老町で各13人、郡上市・岐南町で各11人、中津川市・神戸町・池田町で各10人などとなっています。

 岐阜県によりますと、多治見市の90代女性の死亡が確認されました。ワクチンは2回接種しており、基礎疾患があったということです。

 女性は自宅で体調が悪くなり、救急搬送時の検査で感染が分かりました。

 また、新たに6件のクラスターが認定されました。

 高山市の小学校で40人、大垣市の保育園で16人、大垣市の障がい者福祉施設で14人、多治見市の高校で16人、岐阜市の保育施設で5人、岐阜市の家族とスポーツ教室で5人の、あわせて6件です。

 岐阜県は、感染の急拡大を受けた対応として、医療機関や福祉施設、学校関係を中心に感染経路の調査を行っています。

 25日時点で県内の病床使用率は54.9%(前日比+1.4)、宿泊療養施設の使用率は77.2%(前日比+1.9)、新規陽性者数(10万人対7日間移動合計)は188.45人(前日比+21.93人)、陽性率(7日間移動平均)17.0%(前日比+0.6)となっています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る