• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

王将戦第2局 藤井竜王が98手で渡辺王将に連勝 「あまりスコアを意識せずに」

2022年1月23日 23:48
 愛知県瀬戸市出身・将棋の藤井聡太竜王が、史上最年少の「五冠」に挑戦する王将戦七番勝負第2局は、藤井竜王が勝利し、2連勝としました。

 藤井竜王が渡辺明王将に挑戦している七番勝負。

 23日、大阪・高槻市で行われた第2局2日目は、後手の藤井竜王が優位に進め、午後4時15分、98手で渡辺王将を投了に追い込み、藤井竜王が第1局に続いて連勝しました。

 「あまりスコアは意識しない方がいいなとも思いますし、来週から第3局があるので、それに向けて、しっかり準備できればと思います」(藤井竜王)

 「あまり内容が良くなかったのでもうちょっとまともな将棋が指せるようにやっていきたいと思います」(渡辺王将)

 藤井竜王は、史上最年少となる「五冠」まで、あと2勝。

 王将戦第3局は、今月29日と30日、栃木県で行われます。

これまでに入っているニュース

もっと見る