• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

三重・尾鷲港では小型船が転覆する被害 三重と愛知の沿岸部でも津波観測 名古屋で20センチ

2022年1月16日 12:49
 南太平洋のトンガで起きた火山噴火の影響で、三重県や愛知県の沿岸部でも津波が観測されました。

 気象庁によりますと観測された津波は三重県では鳥羽市で60センチ、熊野市で50センチ、愛知県では田原市で60センチ、名古屋市で20センチなどとなっています。

 三重県の尾鷲港では、レジャーボート1隻が転覆しました。船の整備会社によると津波の影響で転覆したということです。

 三重県鳥羽市では、市役所に自主避難する人がみられました。

 交通にも影響が出て、鳥羽市営定期船と伊勢湾フェリーが現在、欠航となっています。

 三重県と愛知県の沿岸部には津波注意報が継続して出されています。海や川へは近づかないようにしてください。

 ※情報は16日午後1時時点のものです

これまでに入っているニュース

もっと見る