• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

国内最大規模の風力発電計画 業者が計画変更する考え示す 「中止もしくは抜本的見直し」との県の意見受け

2021年12月7日 18:39
三重県松阪市に国内最大級の風力発電所を建設する計画について、業者が内容を変更する考えを示しました。

 再生可能エネルギー事業を手がける「リニューアブル・ジャパン」は、松阪市飯高町に最大で60基の風力発電所を建設する計画で、計画段階の環境配慮書を公表するとともに、住民から意見を募っていました。

 一方、三重県は今年9月この計画に対し、自然環境への影響から「計画の中止もしくは抜本的な見直しが必要」とする意見を出し、飯高町の3つの住民自治協議会は計画に反対する姿勢を示しました。

 業者は7日、三重県庁を訪れこれまでの経緯を報告しました。

「知事意見にあった内容は当然、指導を受けた内容ですので、事業計画に反映していくものであるということは考えている」(リニューアブル・ジャパン松阪事務所 今井香織所長)

 業者は、今後具体的な設置基数や区域の変更を検討するということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る