• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

特急列車の扉開いたままで走行「重大インシデント」に 近鉄が会見で謝罪

2021年11月25日 19:01
特急列車の扉が約1センチ開いたまま走行した問題で、近鉄は25日夕方、名古屋市内で会見し謝罪しました。

 近鉄によりますと、23日午後6時50分ごろ、名古屋発大阪難波行の特急列車「アーバンライナー」が三重県内を走行中、車掌が1号車の扉1カ所が約1センチ開いているのを確認しました。

 列車は近くの駅まで約3分間走って停車し、車掌が扉を閉めました。列車には、127人の客が乗っていましたが、けが人はいませんでした。

 扉を開閉させるための軸が外れたのが原因とみられます。

 国の運輸安全委員会は列車の安全な運行に支障を及ぼす故障として「重大インシデント」に認定しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る