• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

コロナ「第6波」に備え、三重大病院に感染症危機管理センター 酸素投与や抗体カクテル療法を実施可能

2021年11月25日 19:03
新型コロナの「第6波」が来た際には、有効活用が期待される施設です。津市の三重大学医学部付属病院は、「感染症危機管理センタ−」を開設しました。

 新型コロナの感染拡大を受け、今年5月から建設が進められてきました。

「陽性患者を隔離して運ぶことができる、カバーのかかった車いすやストレッチャーもあります」(記者)

 2階では酸素投与や抗体カクテル療法を実施できます。

「年末年始の帰省などで再拡大が十分考えられますので、こういう施設を作ることが大事だと思います」(三重大病院 伊佐地秀司院長)

 感染が再拡大した際は夜間の応急処置にも対応するということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る