• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

人の動きに連動する装着型ロボット 歩く・掴むもお手の物 ロボットの制御技術を競う大会がスタート 愛知

2021年11月25日 17:03
 自律型ロボットの技術の高さを競う大会が、25日から愛知県常滑市で始まりました。今回は、約25の国や地域から300以上の学生のチームなどがエントリーしました。
 この大会は、人工知能を取り入れた自律型ロボットの研究や教育を促進しようと、アジア太平洋地域で毎年開催されています。

 今回は、約25の国や地域から300以上の学生のチームなどがエントリーしました。

 大会の見どころは『自律型ロボットをいかに制御するか』です。

 例えば、サッカーの試合では、フィールドを見下ろすカメラからの情報などをもとに、各チームの人工知能のソフトウエアがロボットに動きの指令を出し、ゴールを目指します。

 また、災害現場を想定した競技では、人が入れないような狭い場所をロボットが状況を判断し、いかに通り抜けていくかなどを競います。

 歩く動作から指先まで、装着した人間の動作に細かく合わせて動くことができる装着型ロボットの体験もできます。

 この大会は入場無料で、29日まで行われます。

(11月25日 15:40~ メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る