• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

逮捕の男子生徒「嫌だと感じることがあった」 具体的なトラブルやいじめなどは不明 弥富市 中3刺殺事件

2021年11月25日 15:08
愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒が包丁で殺害された事件。逮捕された生徒は、警察の調べに対して「嫌だと感じることがあった」という趣旨の供述をしていることが、新たに分かりました。
「男子生徒を乗せた車が蟹江警察署を後にします。殺人に容疑を切り替え送致されていきます」(記者)

 事件発生から、まる1日が経過した25日午前8時ごろ。殺人未遂の疑いで24日に現行犯逮捕された男子生徒は、容疑を殺人に切り替えて送検されました。

 24日午前8時ごろ、弥富市の中学校で、3年生の男子生徒(14)が、同級生の男子生徒(14)に腹を刺されて死亡しました。

 警察によりますと男子生徒は、被害者の生徒を廊下へ呼び出し、刃渡り約20センチの包丁で、腹部付近を刺したとみられています。

 その傷は深く、肝臓に達していたということです。

 当時それぞれの担任の教師は教室にいて、悲鳴を聞き廊下にかけつけたといいます。

「逮捕された生徒が凶器を持っていましたので、(教師が)それを下ろすように言ったという事実はあります」(事件があった中学校の校長 24日の会見)
 
「嫌だと感じることがあった」趣旨の供述 具体的なトラブルやいじめなどは不明
 逮捕された生徒は「私がやったことで間違いありません」と、容疑を認めているということです。

 警察の調べによりますと、生徒は凶器となった包丁を、インターネットで事前に購入したという趣旨の供述をしていることがわかりました。
 
 さらに被害者の男子生徒を教室から廊下に呼び出していることから、計画的に犯行に及んだ可能性があります。

 また、その後の警察への取材で、生徒が「嫌だと感じることがあった」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。

 ただ教育委員会は、具体的ないじめやトラブルを把握しておらず、警察は何が犯行の動機になったのか、少年事件ということもあり、慎重に捜査を進めています。
 
「真面目でおとなしい子」「おとなしい物の言い方」
 逮捕された生徒を知る人は…

「真面目そうでおとなしい子だったと思う。こんなことやるような子とは僕には思えない。年に1~2回くらい会って話すと、おとなしい物の言い方だった」(逮捕された生徒を知る人)

 中学は学年で2クラスしかなく、2人は今は別のクラスでした。中学2年生の時は同じクラスで、小学校も同じだったといいます。

 3年生は全員でも約50人で、全員が顔見知りの状態でした。

「自分の子でなくても、みんな知っている子なので、誰がどうのこうのではなくみんなが心配です」(事件があった学校に通う生徒の保護者)

 教育委員会によると、臨床心理士のカウンセラーを25日に増員したということです。

「特に逮捕された生徒におかしなところがあるとか、そんなことはまったくなくて。なぜそんなことをやったのかなというのが、私たちにもよくわからなくて、非常に混乱しているところ」(事件があった中学校の校長 24日の会見)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る