• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

浅田真央と同じ道目指すスケーター・松生理乃 トリプルアクセル成功へ「決めないと世界で通用しない」

2021年11月25日 13:58
浅田真央さんに憧れ、同じクラブと学校に通い、北京五輪を目指す名古屋の17歳・松生理乃選手。26日に開幕するフィギュアスケートのグランプリシリーズロシア大会に臨みます。

名古屋市出身 中京大中京高校 松生理乃選手(17)

 2010年に浅田真央さんが銀メダルに輝いたバンクーバー五輪。

 その姿に憧れ、競技を始め、いまや北京五輪の代表を争うまでに成長したスケーターがいます。

 名古屋市出身・松生理乃選手(17)です。

「私も自分の演技で人の心を動かせる選手になりたいなと思っています」(中京大中京高校 松生理乃 選手)
 

山田満知子コーチから指導を受ける松生選手

浅田真央さんの母校に通い、山田満知子コーチの指導を受ける17歳
 真央さんの母校・中京大中京高校に通い、山田満知子コーチから指導を受ける、まさに憧れの先輩と同じ道を歩んでいます。

「あまり迷いはないスケーターなので、真央も努力家だけど理乃もすごいので、違う魅力で頑張っていると思います」(山田満知子 コーチ)
 

趣味は読書

趣味は読書「一回読みだすと止まらなくて」
 本が大好きな“読書ガール”。迷いのない一途な性格は趣味でも垣間見えます。

「一回読みだすと止まらなくて毎日読んじゃう。浅田真央さんの本もあるし、そういう本を読んで勉強になることはあるかなと思います」(松生理乃 選手)

 昨シーズン、抜群の安定感で全日本ジュニア選手権では女王となるなど、ジュニアでは負け知らず。

 特別に出場したシニアのグランプリシリーズ日本大会でも3位になり、一躍、北京五輪代表候補に躍り出ました。

「オリンピックってテレビで見ていて、自分が出られるとかそういうのは全然考えたことがなかったので…」(松生理乃 選手)
 

無名スケーターだった松生選手(2017年撮影)

2019年までは無名…飛躍の裏にバレエレッスン
 実は、2019年までは無名だった松生選手。

 トップスケーターのほとんどが優勝経験のある、若い世代の全国大会『全日本ノービス選手権』では11位が最高。

 愛知のローカル大会でさえ、表彰台に上がることはありませんでした。
 

バレエレッスンで広がった表現の幅

 飛躍の裏にあったのはバレエレッスンです。

 細かい手の動きや表情の作り方を磨き、今では持ち味の1つとなるほどに表現の幅が広がりました。

「すごく努力家だと思います。普段はすごくおとなしくて真面目で、その中にも負けず嫌いなところがあると思います」(バレエの先生)

「ステップの1つだけの姿勢とか、姿勢はほんと変わったなって思います」(松生理乃 選手)
 

五輪シーズンのフリー『月光』

五輪シーズンのプログラムは『月光』 スケートクラブの先輩・宇野昌磨選手も滑った曲で勝負
 迎えた五輪シーズンに選んだプログラムは『月光』です。

 実はこの曲、スケートクラブの先輩・宇野昌磨選手が以前滑った曲。

「昌磨くんがやっていた時は、曲がかかった一瞬で自分の世界を作ることができて、見ている人を惹き込むことができるから、最初の音からお客さんを惹き込めるように、自分の世界を作ってやれるように」(松生理乃 選手)

 身近な先輩を手本に、バレエレッスンで育んだ表現力に磨きをかけてきました。
 

松生選手「3Aを決めないと世界で通用しない」

今シーズン習得を目指すトリプルアクセル 「決めないと世界で通用しない」
 さらに、今シーズン習得を目指すのは真央さんの代名詞・トリプルアクセルです。

「トリプルアクセルをしっかり決めていかないと世界で通用しないってことは分かっているので」(松生理乃 選手)

 回転不足ではあるものの、片足で着氷できるレベルにまで達した松生選手。

 ケガもあり、まだ試合では成功できていません。

 それでも、こだわってきた表現力は健在です。
 

北京五輪までの主な日程

北京五輪は2022年2月開幕、今後の日程は?
 偉大なスケーターたちの系譜を受け継ぐ17歳。

 先輩たちが立った夢舞台・五輪へ。

 絶好のアピールの場となるグランプリシリーズロシア大会は26日開幕、存在感を示します。

「憧れと言っていた試合が、自分も出れるかもしれない試合に変わってきて、それに向けてやっていかないといけないことも増えていくので、しっかり練習しないといけないなと思っています」(松生理乃 選手)

 そして、グランプリシリーズの上位6名が出場するグランプリファイナルは、12月9日から大阪で行われます。
 

北京五輪代表選考3枠は?

北京五輪の代表枠は3つ、発表は12月の全日本選手権で
 北京五輪の代表は、全日本選手権の最終日となる12月26日にが発表されます。

 男女シングルはそれぞれ3枠です。

 1人目は全日本選手権で優勝した選手が内定します。

 2人目と3人目は全日本選手権で2位・3位、グランプリファイナルの上位者、今シーズンのベストスコア上位3人など、これらの成績を考慮して決定されるということです。

(11月25日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』 じもスポ!より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る