• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

三重・伊勢湾に現れたクジラ、豪快ジャンプを披露 海保巡視艇が撮影に成功

2021年11月17日 11:55
 三重県鳥羽市の答志島の沖合の伊勢湾に16日、クジラが現れ、その姿が撮影されていました。

 船のすぐ近くに現れた、体長8メートルほどのクジラ。

 ザトウクジラとみられます。

 16日午後3時半ごろ、鳥羽市の答志島から北におよそ2キロの伊勢湾で、鳥羽海上保安部の巡視艇が発見し、撮影しました。

 何度も豪快なジャンプを見せたほか、胸ビレを水面に叩きつける「ペックスラップ」と呼ばれる行動も確認できました。

 仲間とコミュニケーションを取る時などに行うと考えられています。

 鳥羽海上保安部などによりますと、ことし1月には、鳥羽市の坂手島沖合の鳥羽湾で、今月上旬には伊勢市の二見浦の沖合でも、ザトウクジラとみられるクジラが目撃されたといいます。

 鳥羽水族館によりますと、イワシなどの餌を求めて、冬から春にかけてクジラが伊勢湾に来ることがあるということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る