• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

名古屋で電動3輪バイクのシェアサービス開始 「こがない自転車のよう」

2021年11月3日 14:09
 名古屋で初めてとなる、電動バイクのシェアサービスが始まりました。車両はカゴ付きの3輪タイプです。

 2日から名古屋の都心部を中心に始まった電動3輪バイクを活用したシェアサービス、その名も「GOGO!シェア」。

 電動バイクの製造販売をする東京の会社などが手掛けるサービスで、中部電力MIRAI TOWERや大須など、市内各所に設置された専用の駐輪場でレンタルできます。

 利用者は、街中を自由に移動することができ、利用したあとは元の場所か別の専用の駐輪場に返却します。

 気になる乗り心地はというと…。

 「3輪なので、バランスがよく操作がしやすいです。こがない自転車に乗っているような感覚」(記者)

 フル充電で、およそ50キロの距離を走行でき、最高時速は30キロ。

 利用には専用のアプリが必要なほか、法律上はミニカーに該当するため、普通自動車の運転免許証の携帯が必要となります。

 ヘルメットの着用は任意ですが、サービスを提供する会社では、安全のため着用を推奨しています。

 「1番はカーボンニュートラル。2番は地域活性化。電動バイクで走ればCO2を出さない。3輪にしたのは万人に乗ってもらいたいから。女性だとハイヒールで乗ることができる」「あらゆる世代の方に名古屋市内を満喫してもらい出かけるのが楽しいと思えるモビリティなので、使ってもらいたい」(Future井原慶子CEO)

 利用料金は初乗り10分165円で、それ以降は5分毎に55円となります。

 年内中には、市内30カ所に専用の駐輪場を設置し、100台の運用を目指すということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る