• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

日本三名泉の1つ「下呂温泉」抱える岐阜4区 コロナで打撃の観光業の今後は?3候補に聞いた

2021年10月28日 21:50
シリーズ「暮らしを選ぶ衆議院選挙」。今回は、激選が予想される岐阜県北部に位置する岐阜4区です。新型コロナの影響で観光業は打撃を受けています。3人の候補者に「下呂温泉の観光戦略」を聞きました。
 岐阜県下呂市の下呂温泉。日本三名泉の1つです。

 新型コロナウイルスで観光業が打撃を受ける中、温泉旅館の現状は…

「9月に緊急事態宣言が解除されて予約の方は徐々に戻りつつあります。ただ、今の現状とすると、宿泊単価がかなり下がってきている状況がありますので」(旅館「木曽屋」神田哲夫社長)

 食事が付かない「素泊まり」などの予約が増えたことから、客単価が下がっているといいます。

 いま、政治に期待することは?

「一番大事なのはやはり経済対策でしょうね。もう少し景気を良くして頂かないと。ましてガソリンも上がってきていますし、仕入れもかなり上がってきて、そうすると利益率がどんどんさがってきているので」(木曽屋 神田哲夫社長)
 

近くに高速道路が通っていない下呂市

コロナで大打撃の観光業 政治に期待する声大きく
 また長期的な目線では、下呂温泉へのアクセスの“不便さ”を解消して欲しいといいます。

 下呂温泉は、近くに高速道路が通っておらず、車の場合、リニアの駅ができる予定の中央道の中津川インターチェンジからは約1時間。東海環状自動車道の富加関インターチェンジからは1時間10分ほどかかります。

 また、土産店はウィズコロナの対策を求めています。

「やはり安心ということが、みなさんの行動の基本となると思うので、ワクチン接種証明書とかPCR検査の陰性照明書とか、そういうものをセットにして、しかもそういうものを無料で提供していただいて皆さんに安心して動いていただけるような下地を作っていただきたい」(土産店「ヤマカワ」 山川博己社長)
 

岐阜4区の立候補者

 下呂市に加え、飛騨市・高山市・美濃加茂市・可児市などを含む広大な選挙区が、岐阜4区です。

 岐阜4区には、届け出順に3人が立候補しています。

 3人の候補者が訴える、下呂市の観光戦略は…
 

自民党 金子俊平氏

自民 金子俊平氏「観光と共に1次・2次産業もしっかり整備」
 自民党の金子俊平さん。衆院議員を10期務めた父の地盤を受け継ぎ、前回の衆院選に出馬し、初当選しています。

「我々どうやって都会と勝負をしていくのか。私も2人の子供を飛騨に育てている父親です。その2人の子供がどうやって我々の地域に残ってくれるのか」(金子俊平氏) 

 1期目での成果として、「去年の7月豪雨で崩落した国道41号の復旧に尽力した」ことを挙げています。

 観光を中心に、地域全体を盛り上げることを訴えます

「全国各地からお客さんが戻ってきてくれるようなまちにしたいと思っています。観光を中心にお金をどんどん導入しながらも1次産業・2次産業しっかりとまた整備をしていくのが、この下呂の生きる道なんだろうと私は思います」(金子俊平氏) 
 

立憲民主党 今井雅人氏

立憲 今井雅人氏「点ではなく面で観光を広げていく」
 “自民王国”の岐阜県でただ1人の野党の前職、立憲民主党の今井雅人さん。比例復活で4回連続で当選しています。

 今回、共産党との野党共闘で戦います。

「色々な皆さんと話をして、問題をちゃんと自分で肌で感じて。それを国政に反映するというのが地域の代表でないかと」(今井雅人氏)

 この1年間で約500時間、街頭に立つなど地道に活動してきたといいます。

 各観光地と連携した取り組みを訴えます。

「下呂なら温泉とか、高山なら素晴らしい古い街並みとか、それは素晴らしい財産ですけど、点ではなく面で観光を広げていくという。自然との共生というものを国が全体的な方向性を出すと、ますますそれは観光振興につながると思います」(今井雅人氏)
 

日本維新の会 佐伯哲也氏

維新 佐伯哲也氏「ベースはあるので、後はどう発信していくか」
 新人として現職に挑むのは、日本維新の会の佐伯哲也さんです。

「(選挙カーは)ぜんぶ手作りで、DIYでみんなが協力してくれて、本当にお金をかけずにやってます。選挙を」(佐伯哲也氏)

 これまで、可児市議を2期8年務め、子育てやいじめ対策に注力しました。

 下呂市の観光戦略について、発信力の強化を訴えます。

「せっかくこれだけ素晴らしい温泉地なので、これをもっともっとうまくPRする必要がある。インフラの整備だとか、何か立派な建物を作るというのはそのあとだと思います。そんなことしたって税金の無駄遣いをするだけで、別に人なんか集まってきませんよ。そこに良いものがあるから行くわけじゃないですか。もうベースはありますから、力はあるので、後ははどう発信していくか、どう生かしていくかということだとおもいます」(佐伯哲也氏)

 衆議院選挙は、31日に投票が行われます。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る