• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

衆院選公示後初の週末 東海3県でも候補者が各選挙区で支持訴え 計24の小選挙区に67人が立候補

2021年10月23日 12:08
 衆議院選挙が公示されて初めての週末を迎えた23日、東海3県でも候補者が各選挙区で支持を訴えています。

 今回の衆議院選挙で、東海3県の小選挙区では、愛知県は15の選挙区に41人、岐阜県は5つの選挙区に16人、三重県は4つの選挙区に10人が、それぞれ立候補しています。

 公示後初の週末を迎え、候補者はそれぞれの選挙区で、23日朝から街頭で支持を訴えています。

 今回の衆議院選挙は、解散から投票日までが戦後最短の17日間と異例の短期決戦となっています。

 新型コロナ対策や経済政策、この4年間の政権運営への評価などが、主な争点です。

 投票は、31日で即日開票されます。

これまでに入っているニュース

もっと見る