• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

サーファーに「サメ注意」を呼びかける看板を設置 愛知県豊橋市

2021年10月20日 16:37
サーフィンをしていた男性がサメにかまれけがをした事故を受け、注意を呼び掛けました。

 今月15日の午前7時ごろ、愛知県豊橋市の伊古部海岸で、サーフィンをしていた40代の男性が、サメに左ひざの下をかまれ出血するけがをしました。

 男性は救急搬送はされず自力で病院に向かったとみられています。

 伊古部海岸には多くのサーファーらが訪れるため、市の職員らが20日、サメへの注意を呼び掛ける看板を、海岸の3カ所に設置しました。

 サメの影のイラストと「サメ目撃情報あり!」という文字が書かれています。

「サメが活発に動いているかもしれないので、自粛していただくのが良いが、気を付けて遊んでいただければと思う」「サメを見たら周りの人たちと声をかけ合うようにしていただけたらと思う」(豊橋市農業支援課 兵頭暢子課長補佐)

 市によりますと7年前にも市内の海岸でサーフィンをしていた人がサメにかまれ、救急搬送される事故が発生しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る