• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

愛知県の厳重警戒措置17日で解除 大村知事「感染対策徹底しないと必ずリバウンドあり得る」

2021年10月14日 18:57
愛知県の大村知事は14日の会見で、現在、県全域に出されている県独自の「厳重警戒宣言」を17日(日)までで解除することを明らかにしました。
「10月17日をもって厳重警戒宣言および厳重警戒措置は解除する」(大村秀章知事 14日午後3時半ごろ)

 現在、県内の飲食店は県の認証を受けた店は午後9時まで、それ以外の店は午後8時までの時短営業が要請されています。

 宣言の解除に伴い、飲食店は18日(月)から営業時間と酒の提供の制限がなくなり、通常営業することができます。

 飲食店に対する制限の全面的な解除は約11カ月ぶりとなります。

「引き続き、感染対策を徹底してもらわないと、必ずリバウンド・再感染はあり得るわけでありますので(感染防止対策は)よろしくお願いいたします」(大村知事)

 一方、イベントの開催については10月30日まで、収容人数の上限を1万人とするなどの制限が続きます。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る