• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

被害は18年間で1500万円以上か 東山公園協会の金庫から現金を盗んだ疑いで元職員を書類送検

2021年10月14日 05:00
東山動植物園の遊園地などを運営する、東山公園協会の金庫から現金を盗んだとして、 協会の元職員の男性が、名古屋地方検察庁に書類送検されました

 窃盗の疑いで書類送検されたのは、東山公園協会の元職員の男性(54)です。

 捜査関係者によりますと、男性は今年3月、名古屋市千種区にある東山公園協会の金庫から、現金21万8000円を盗んだ疑いがもたれています。

 警察の調べに対して男性は、2003年ごろから今年3月にかけて、1500万円以上の現金を盗んだことを認めていて、生活費や住宅ローンの返済に使ったなどと話しています。

 東山公園協会では、今年に入って園内の遊園地や売店で釣銭などに使う現金を保管していた金庫から、現金約1500万円がなくなっていたことがわかり、協会は、8月に男性を懲戒解雇にして、警察に被害届を出していました。

これまでに入っているニュース

もっと見る