• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

医師免許や在留カードを偽造した罪に問われた中国人に懲役2年10カ月の実刑判決

2021年10月13日 21:01
 外国人の在留カードや医師免許を偽造した罪に問われていた中国人の男に、懲役2年10カ月の実刑判決が言い渡されました。

 入管難民法違反と有印公文書偽造の罪に問われていたのは、中国籍の朱兆亮被告(37)です。
 
 判決によりますと朱被告は、今年2月自宅のパソコンを使用して、偽の外国人の在留カード9枚と医師免許1枚を作成しました。

 今日の判決で名古屋地裁は「去年7月に偽造グループに加わった被告の犯行は、金を稼ぐ目的の組織的・職業的なものであった」などと指摘しました。

 また、「被告が首謀者でないことを考慮しても、公的な文書の信用に対する悪質な行為である」として、朱被告に、懲役2年10カ月の実刑判決を言い渡しました。

これまでに入っているニュース

もっと見る