• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

AIが予想する「宣言解除後」 感染者数減少も忘年会・帰省シーズンで1月中旬にピーク再びか 愛知

2021年9月23日 12:09
緊急事態宣言の期間まで残り1週間。新規感染者数は減少傾向ですが、今後の愛知県の感染者数はどのように推移していくのでしょうか、AIを使って感染者数の予測をしている研究者に話を聞きました。
 AIを使って感染者数の予測をしているは、名古屋工業大学の平田晃正教授です。

 今後、愛知県の感染者数はどのように推移していくのか、もし9月末で緊急事態宣言が解除された場合の感染者数を、9月10日時点で予測したグラフを見せてもらいました。

 減少していた感染者数は10月に下げ止まり、その数日後、小さな山ができています。シルバーウィークの影響だといいます。

「愛知県では休日の時期にかなり拡散する傾向があります。それをどこまで抑えられるかがこのシルバーウィークだと考えています」(平田晃正教授)
 
シルバーウィークの影響で10月に「小さな山」 その後1月中旬に…
 そして10月に一度上がった感染者数は再び減少します。しかし、その後年明けに再度“感染の山”が…平田教授は、その原因について、次のように話します。

「ワクチンの効果が切れてきたことと、忘年会・帰省シーズンが重なりますので、1月の中旬にピークが来るとコンピュータが予想しています。とはいってもワクチン接種(済み)の方多いので、その効果は継続すると思います」

「ただし、マスクを外して宴会や大騒ぎをすることは想定していないので、大人数で接触が増えるということがあるとカーブが急激に上がっていく可能性もあると考えています」(平田晃正教授)

(9月23日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る