• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

走る集中治療室「ECMOカー」 東海地方に初めて導入 藤田医科大学病院

2021年9月22日 16:25
体外式膜型人工肺=ECMOを装着したまま患者の搬送ができる「ECMOカー」が、東海地方に初めて導入されました。

 愛知県豊明市の藤田医科大学病院に導入されたのは、体外式膜型人工肺=ECMOを装着したまま患者の搬送ができる「ECMOカー」です。

 医師が集中治療を行いながら搬送できるのが特徴で、新型コロナウイルス感染症の重症患者などの搬送のほか、交通事故や災害時での活用も検討されています。

 「コロナ対策において非常に有意義な導入だということは間違いない」「地域・広域での医療連携、社会貢献の基盤として導入に踏み切った」(藤田医科大学病院 白木良一病院長)

 藤田医科大学病院によりますと「ECMOカー」の導入は全国で9台目で、東海地方では初めてだということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る