• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「ドロボー様カギをこわさないで下さい」手書きメッセージも効果なし さい銭泥棒に悩む寺 愛知

2021年9月15日 19:30
 愛知県岡崎市のお寺で、“罰当たり”な犯行の瞬間を防犯カメラが捉えていました。「さい銭泥棒」が複数いるとみられています。
 9月4日、辺りが暗くなった午後7時ごろ。

 お堂に現れた不審な人影がさい銭箱の前にしゃがみ込んで、何やら怪しい動きを見せます。

 【詳しくは動画で】

 カメラが捉えたのは、「さい銭泥棒」の瞬間です。

 被害にあったのは、愛知県岡崎市にある真福寺。

 西暦594年に建てられた愛知県内に残る最も古い寺といわれ、参拝客などが「竹の子料理」を楽しめる寺としても有名です。
 

壊されたお堂の錠(愛知県岡崎市 真福寺)

「さい銭泥棒」に悩む寺 錠を破壊、メッセージも無視
 そんな歴史ある寺は20年ほど前から「さい銭泥棒」の被害に遭っているといいます。
 
 お堂の扉につけられた錠をみると、何度も壊された跡が。
 
 さい銭泥棒に対して、「ドロボー様カギをこわさないで下さい」とメッセージを出しても効果はなし。

 「コロナの影響があるかもしれないんですが、最近特に多いですね」(真福寺 大村全海 副住職)
 

防犯カメラの映像

複数のさい銭泥棒が…被害の寺「罰当たり、2度と犯行を繰り返さないで」
 そこで2021年5月、境内に複数あるお堂に防犯カメラを設置。

 9月4日にカメラが捉えたさい銭泥棒の犯行は他にも。

 つり鐘の下に置かれたさい銭箱の引き出しから現金を床に落とし拾い上げる姿に、別のお堂では同じ要領で現金を抜き取る姿が。

 全て同じ人物の犯行とみられます。

 「正直、罰当たりですね。やるせない気持ちでいっぱいです。2度と犯行を繰り返さないように願っています」(真福寺 大村全海 副住職)
 
 警察は、さい銭泥棒が複数いるとみて捜査を進めています。

(9月15日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る