• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「密集フェス」参加の消防士男性が新型コロナ感染 無料PCR検査でも2人が陽性 愛知

2021年9月6日 18:10
 ノーマスクや酒の提供などで取りざたされている、愛知県の野外音楽フェスティバルに参加した消防士の男性が、新型コロナに感染していることが分かりました。また、愛知県などが参加者らに無料で行っているPCR検査でも、陽性者が確認されています。

NAMIMONOGATARI 2021の会場の様子(視聴者提供)

 愛知県常滑市で先月29日(日)に行われた野外フェス「NAMIMONOGATARI 2021」(なみものがたり)。密集状態でマスクをせずに大きな声を出したり、酒を飲んだりする人もいました。

 稲沢市消防本部によりますと、この野外フェスに参加した稲沢市の20代の消防士の男性が、新型コロナに感染していたことがわかりました。

 消防士の男性は、先月29日に野外フェスに参加したあと、3日後の今月1日に鼻水などの症状が出たため、PCR検査を受けたところ、2日に感染が確認されたということです。

 野外フェスと新型コロナ感染との因果関係はわかっていません。

「感染経路にございましては不明です。野外フェスから、感染したっていうことはわかりませんので公表はしていません」(稲沢市消防本部)

 消防士の男性は、症状が出るまで2日間勤務をしていましたが、県民との接触はなく、濃厚接触者もいないということです。

 稲沢市消防本部は「新型コロナ感染が蔓延した状況下で、当市の消防職員が野外フェスに参加したことは誠に遺憾です」としています。

 愛知県と名古屋市では、野外フェスの参加者に無料でPCR検査を行っていて、6日までに958件の申請があり2人の陽性が確認されたということです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る