• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

ワクチン異物混入、バンテリンドーム会場でも 愛知と岐阜で確認

2021年8月26日 15:22
 モデルナ製ワクチンの一部に異物が混入していた問題で、岐阜県と愛知県の大規模接種会場でも異物の混入が確認されていました。
 愛知県では、今月17日と18日にバンテリンドームナゴヤの大規模接種会場で、モデルナ製のワクチン2本に異物の混入が確認されました。

 異物混入の疑いのあるロットは、愛知県内ではバンテリンドームのほか、藤田医科大学と名古屋空港ターミナルビル、豊橋中央の4つの大規模接種会場などに納入されています。

 4会場あわせて2840本のうち、2802本は使用済みです。

 岐阜県産業会館の接種会場では、今月15日と19日モデルナ製のワクチンあわせて6本に黒色の異物の混入が確認されました。

 岐阜県では、該当するロットで異物の混入のなかったワクチンはすでに使用しているということです。

 使用見合わせのワクチンのロット番号は次の通りです。
・3004667
・3004734
・3004956

 愛知・岐阜県とも今のところ健康被害は確認されていませんが、各県では、該当するワクチンを接種し、体調に異変があったときは健康相談窓口などに問い合わせてほしいとしています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る