• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「まん延防止措置」 愛知の対象区域は大型商業施設に“午後8時まで”の時短要請

2021年8月5日 13:40
愛知県では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、まん延防止等重点措置が適用されます。

愛知の「まん延防止等重点措置」の対象区域

愛知の対象区域は12市町村
 関係者によると、対象区域となるのは12の市町村で、これは、人口10万人あたりにおける1週間合計の新規感染者数が25人以上で、国の指標でステージ4に該当する自治体です。

 「まん延防止措置」の対象区域は、名古屋市、春日井市、江南市、大府市、尾張旭市、日進市、清須市、あま市、長久手市、東郷町、大治町、飛島村です。

 期間は、8月8日(日)から31日(水)までです。
 

対象区域の飲食店などの営業時間

飲食店での酒類の提供はしないよう要請
 まん延防止措置の内容は以下の通りです。

【飲食店など】
 午後8時までの時短営業が要請されます。これまでの「まん延防止措置」では、酒類の提供が条件つきで認められていましたが、国の方針変更に伴い、酒類の提供はしないよう要請。

 対象区域以外は午後9時までの時短営業とし、酒類の提供はアクリル板の設置や、食事をしていない時のマスク着用を推奨するなど、感染対策の要件を満たしていれば可能です。

【大型商業施設】
 デパートなど大規模な商業施設については、午後8時までの時短営業が要請され、措置区域以外は、午後9時までになります。

【県民の行動について】
 対象区域では午後8時以降、対象区域以外では午後9時以降の不要不急の外出が強く求められます。

【県外への移動】
 夏休みやお盆の期間と重なりますが、県をまたぐ不要不急の旅行や帰省などは原則中止や延期が求められます。

(8月5日15:40~放送メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る