• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

JR東海、通期予想を下方修正 コロナからの回復遅れる見通し 4~6月期も赤字に

2021年7月30日 19:33
 JR東海は30日、2022年3月期の業績予想を下方修正しました。2021年4〜6月期の決算でも、赤字が続いています。

JR東海

 JR東海によりますと、2022年3月期の業績予想を下方修正し、売上高は1190億円下げて1兆1150億円、純利益も750億円下げて150億円としました。

 7月から東京都に4回目の緊急事態宣言が出されるなどコロナの影響が長引いていて、運輸収入の回復が当初の予想よりおよそ2カ月遅れると見込んだためです。

 JR東海が30日に発表した2021年4〜6月の連結決算では、売上高が1806億円でした。

 コロナ禍で大きく落ち込んだ前の年の同じ時期と比べると40.3%増えたものの、純損益は284億円の赤字となっています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る