• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「何も対策取らなければ愛知県も8月上旬に1日800人前後に」感染制御学の専門家が予測

2021年7月29日 16:30
 東京都では、28日に初めて3000人を超える新規感染者が確認され、埼玉・千葉・神奈川県でも感染が急拡大しています。感染制御学が専門の愛知県立大学の清水宣明教授は今後、愛知県の感染者数を予測し、対策は「ここ1~2週間が勝負」と指摘します。
首都圏の感染急拡大 「自粛疲れ」「自粛慣れ」など要因か
「東京エリアはもう引き返せません。もう止めることはできないと思います」(愛知県立大学 看護学部 清水宣明教授)

Q. 全国的に第5波に入ったと考えるべきでしょうか?
「第5波に入ってきたと考えていいと思います」(清水教授)

 清水教授は急速な感染拡大の要因として、次の3つを指摘しました。

1)東京の緊急事態宣言などが長引いたことによる「自粛疲れ」や「自粛慣れ」

2)夏を迎え、特に若い世代を中心に行動が活発になってきたこと

3)東京オリンピックの開催も影響しているのではないか
 

愛知県立大学 看護学部 清水宣明教授による愛知県の新規感染者数の予測

愛知県「何も対策取らなければ8月上旬に1日800人前後」と予測
 清水教授は、この地方に感染が波及することにも警鐘を鳴らしています。

Q..愛知県の感染状況をどう見ていますか?
「全国的な感染拡大傾向にあるので、東海地区も感染者が増えていくのは覚悟しなければならない」(清水教授)

 清水教授は、今後の愛知県の新規感染者数の推移を予測しています。

 予測によると「何も対策を取らなければ、8月上旬には1日800人前後の感染者が出る」と見られ、「逆に抑え込むことができれば、1日300人程度ではないか」としています。
 

愛知県立大学看護学部 清水宣明教授の見解

感染拡大を抑え込むには「ここ1~2週間が勝負」
 愛知県の新規感染者数は、28日は265人でした。感染を抑え込んでいくためには、どうすればいいのでしょうか。

「ここ1~2週間が勝負かなと思っています」

「今ここで『うつさない・うつらない』ことを、個人レベルで若い人に力を入れてもらう」

「2週間ぐらい力を入れてやっていただくとかなり数は抑え込んでいけると思う」(清水教授)
 

“第5波”が落ち着くのはいつ頃に?

愛知県の感染の“波” 9月いっぱいまでは続くか
Q.今の愛知県の感染が落ち着くのはいつ頃になるでしょうか?

「今までの『波』を見ていると、感染拡大の山は2~3カ月くらいで収束に向かっている。今回もそれぐらいかかるので、2カ月から2カ月半は見たほうがいい」

「9月いっぱいまでは続くだろう」(清水教授)

(7月29日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る