去年生まれたコアラ2頭の命名式 「力強く」「丈夫に」願いこめられる 東山動植物園

2021年7月22日 19:06
名古屋の東山動植物園で、2020年生まれた2頭のコアラの赤ちゃんの愛称が決まり、命名式が行われました。

 愛称が決まったのは、2020年8月に生まれたオスと、2020年9月に生まれたメスです。

 愛称の決定は3つの候補の中から来場者がふさわしいものを選ぶ形で行われ、それぞれ1万2千を超える投票の結果オスは「いぶき」メスは「つくし」に決まり、命名式で発表されました。

 オスの「いぶき」には力強く育つように、メスの「つくし」には、丈夫に元気に育つようにという願いが込められています。

 命名式には、親子連れらが集まりコアラのパネルの前で記念写真を撮るなどしていました。

 2頭のコアラは3月ごろ、母親の袋から顔を出すようになり、今は、他のコアラに抱きかかえられる様子や、ユーカリの葉を食べる姿が見られるということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る