藤井二冠が防衛を目指す 王位戦の第3局2日目がはじまる 将棋

2021年7月22日 12:03
愛知県瀬戸市出身の将棋の藤井聡太二冠に一宮市出身の豊島将之竜王が挑む、王位戦七番勝負第3局の2日目が始まりました。

 愛知県出身者同士の対決となった王位戦七番勝負は、第1局は豊島竜王が、第2局は藤井二冠が勝ち、ここまで1勝1敗のタイです。

 第3局は、21日から神戸市の有馬温泉にある老舗旅館で行われていて、2日目の22日は、豊島竜王が21日次の一手を記した封じ手が開封され、豊島竜王の「5四銀打ち」から対局が再開されました。

 藤井二冠は、19日に19歳になってから初めての対局で防衛に向け、勢いに乗るか注目が集まります。

 対局は夜までに決着する見込みです。

これまでに入っているニュース

もっと見る