• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

保護されたウガンダ選手 岐阜から三重に移動か

2021年7月20日 22:20
東京オリンピックの事前合宿で来日し、所在がわからなくなった後、三重県内で見つかったウガンダ選手団の男性選手が、三重県に向かう前に岐阜県にいたことが分かりました。

 ウガンダ選手団の重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手は、「ウガンダの生活が厳しいので日本で仕事がしたい」という趣旨の書き置きを大阪府泉佐野市の宿舎に残し、16日に所在が分からなくなっていました。

 その後の警察の捜査で、三重県四日市市内で20日午後、セチトレコ選手が見つかりました。
 
 警察によりますと、セチトレコ選手は所在が分からなくなった16日のうちに、泉佐野市からJR名古屋駅に向かい、知人とみられるウガンダ国籍の男性と接触し、岐阜県にある男性の自宅に、車で移動しました。

 警察が20日朝にこの男性宅を訪ねたところ、男性が「セチトレコ選手を四日市市に連れて行った」と話したため、保護につながったということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る