• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

自然とともに眠りたい、人気の樹木葬 “管理できない”を減らすサブスクのお墓も

2021年7月1日 18:36
 先祖代々引き継いでいく「お墓」。その形が変わりつつあります。最近は、なんと「定額制のお墓」が人気だといいますが?
「自然とともに眠りたい」人気の樹木葬
 色とりどりのお花に囲まれた庭のようなこの場所、よく見ると墓標が!

 愛知県あま市のお寺の一角にある“樹木葬”と呼ばれるお墓。最近、一般のお墓よりも購入する人が増えています。

 「自然とともに眠りたい―」そんな願いをかなえてくれるのが樹木葬の特徴で、四季折々の花に囲まれて眠ることができます。

 樹木葬のお墓は一般のお墓より比較的安い価格で購入できます。また、お墓に入る人が全員なくなったあとは、管理費がかからないほか、一定の期間を過ぎると寺の合祀墓に合葬され、永代供養されます。

 「自分が死んだ後、墓守がいない」そういった心配が必要ありません。
 

真宗高田派 浄誓寺(三重県津市)

新しい供養の形 サブスクのお墓とは?
 毎月の定額制(サブスクリプション)のお墓も登場しています。

 定額制のお墓とは、どういう仕組みでしょうか?

 まず「偲墓」というお墓を購入します。

 あとは、月額の費用を支払うことで法要や永代供養のほか、お墓の清掃、お供えの花や線香の管理もお寺がやってくれます。

 期間が終わると永代供養を行うお墓のサブスクなどは、 “管理できないお墓”を減らすことにもつながるといいます。

 【詳しくは動画で】

(7月1日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る