酒再開の初日「いい営業ができた」 まん延防止に移行した街、対象外の街それぞれの様子は

2021年6月22日 17:24
 愛知県は21日から「まん延防止等重点措置」に移行し、名古屋市など14の市と町では午後7時までのお酒の提供となりました。対象とならなかった街でもお酒の提供の様子など取材しました。
 名古屋・栄の繁華街にある居酒屋「魚河岸酒場FUKU浜金」。21日の午後6時ごろ、店を訪ねると、お酒を楽しむ客の姿がありました。

 「まん延防止措置」への移行に合わせ、21日から夜の営業とお酒の提供をおよそ1ヵ月ぶりに再開しました。

 「嬉しいですね。今まで“お酒が飲めないなら”と帰るお客さまもいたので、久しぶりにお酒と料理を楽しんでいただけているので私たちも嬉しく感じています」(魚河岸酒場FUKU浜金栄住吉店 山田文菜・店長)

 21日は、お酒の注文がひっきりなし。厨房も接客も慌ただしい様子でした。

 「忙しいですね アルコールの提供が始まってすぐなので注文がいっぱいです」(魚河岸酒場FUKU浜金栄住吉店 店員)

 愛知県は「まん延防止」への移行に伴い、名古屋市や豊橋市など14の市と町を「重点措置区域」として、飲食店の営業は午後8時まで。酒の提供は午後7時までとしました。

 それ以外の市町村では営業は、午後9時まで。酒の提供は閉店に間に合うようにオーダーストップとしています。

 重点措置区域で酒を提供する場合は、座席の間隔の確保や同一グループは4人までなど、県が定めた要件を満たすことが必要です。

 「当店だけじゃなく他の飲食店もしっかり対策して営業していると思うので、一定の要件を示してもらったことに関しては良いと思う」(魚河岸酒場FUKU浜金栄住吉店 山田文菜・店長)
 

魚河岸酒場FUKU浜金栄住吉店(名古屋市中区)

午後6時半にラストオーダー
 「大変申し訳ございませんがアルコールのみラストオーダーのお時間で…」(店員)

 午後7時が近づくと、お酒の注文がないか客席を1つ1つ回りました。

 「お酒がないと料理って美味しくないですよね」(女性客)

 「お酒提供が午後7時までだとちょっと寂しいですよね」(女性客)

 「緊急事態宣言中は、家で飲んでました。店の方がいいです」(女性客)

 「お酒の提供時間のリミットが決まっている分、そこまでに集中するから、そっちの方が危ないんじゃないかと…」(女性客)

 午後8時。まん延防止措置適用、初日の営業を終えました。

 「予想以上の来店で慌ただしい時間もあったが、いい営業ができたと思います」 「感染者数が減少傾向にあると思うので、ここで気を緩めずに感染対策を行ったうえで営業していこうという意識はみんなで高めてやっていきます」(魚河岸酒場FUKU浜金栄住吉店 山田文菜・店長)
 

21日午後8時台の栄の人出は?

栄の人出は42.6%上昇
 ソフトバンクの子会社「アグープ」によりますと、21日午後8時台の栄の人出は1週間前の14日の同じ時間帯と比べると42.6%上昇していました。

 「飲み足りないです。でもやっていないから帰らないと」(20代女性 会社員)

 「本当だったら午後8時移行も飲みたいです。本当に」(40代男性 会社員)

 「まん延防止なので帰ります。ここで気が緩んではいけないと思って…」(20代女性 会社員)

 一方で、中には午後8時を過ぎても営業する飲食店がちらほらと…。

 また、市内の公園では、缶ビールなどを手に「外飲み」をする人の姿もありました。

 

重点措置区域から外れた瀬戸市

対象外の瀬戸市は午後9時まで営業に お酒の提供は?
 名古屋に隣接する瀬戸市。「まん延防止措置」の重点措置区域からは外れています。

 こちらの台湾料理店、営業時間は1時間伸びて午後9時までに、お酒の提供もおよそ1カ月ぶりに再開しました。

 「もう待ってた!めっちゃ待ってた!」「だって家で飲んだっておいしくない。1人でさみしくさあ」(常連客)
 

台湾料理味鮮館(愛知県瀬戸市)

およそ4倍の来客数
 21日は、緊急事態宣言中と比べ、およそ4倍の客が訪れたといいます。

 「いつもの緊急事態宣言中より伝票が倍くらいある。いつもは半分くらいだけどうれしいね」「やっぱりお酒が飲めるからお客さんがいっぱい来てくれる」(台湾料理味鮮館・李順玉店長)

 お店では、酒の提供をする“一定の要件”を満たすため、席には新たにパーティションを設置しました。

 「県が調べに来て全部OKばっちり」(台湾料理味鮮館・李順玉店長)

 午後7時。名古屋市など「重点措置区域」では酒の提供を終わる時間ですが、「区域外」の瀬戸市ではまだ続けることができます。
 

台湾料理味鮮館(愛知県瀬戸市)

お酒のオーダーストップは午後8時半に「きょうはうれしい」
 この店では、閉店の9時に間に合うように午後8時半を、酒のオーダーストップにしました。

 そして午後9時、感染拡大前に比べると早い時間ですが、閉店です。感染拡大前は、午前1時まで営業していました。

 「まだまだ、経営は厳しい 正直」「お客さんは、少ない、思ったより。でも早い時間にお客さんがいたから、きょうはうれしい」(台湾料理味鮮館・李順玉店長)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る