じわじわ増える「インド型の変異ウイルス」への感染 愛知県の大村知事「五輪期間中はより強い規制を」

2021年6月22日 06:33
 東海3県では21日、新たに45人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

 愛知県では、21日に35人の感染が確認されました。

 1日の感染者の数が40人を下回るのは、3月29日以来84日ぶりです。

 名古屋市や豊橋市などで6人の死亡が確認されました。

 またこれまでの感染者のうち、新たに19人がインド型の変異ウイルスに感染していたことが判明しました。

 大村知事は、21日の会見で、ウイルスの主流が感染力が強いインド型に置き換わる時期と東京オリンピックが重なる可能性に言及し、「オリンピック期間中はより強い規制をお願いせざるを得ない」と話しました。

 一方、岐阜県の感染者数は5人で、2日連続の一桁、三重県は5人で、3日連続の一桁となりました。

 三重県四日市市では、60代の男性の死亡が確認されています。

これまでに入っているニュース

もっと見る