三重県独自の「リバウンドアラート」を設定 まん延防止解除後、四日市市のみ時短を要請

2021年6月18日 16:18
 愛知で緊急事態宣言が、岐阜・三重ではまん延防止等重点措置が解除されます。三重県では、21日から「リバウンド阻止重点期間」と位置付け、独自の指標に応じて対策を行います。また、四日市市のみに時短営業を要請します。
 「まん延防止措置」が20日に終了となる三重県は18日朝、会議を開き、21日から30日までの10日間を「リバウンド阻止重点期間」と位置付けました。

 期間中、四日市市の飲食店には酒類の提供は認めますが、営業時間は午後9時までの要請をします。
 

21日からの東海3県の対応

三重県独自の「リバウンドアラート」とは
 また、県独自の「リバウンドアラート」という指標に応じて講じる対策を判断します。

 「リバウンドアラートとは、1日あたりの新規感染者数が2日連続で17人以上になった場合、もしくは飲食店やカラオケ利用に伴うクラスターが2件以上発生した場合、飲食店や1000平方メートルを超える集客施設に対する営業時間の短縮、カラオケ設備の利用自粛を即座に行う」(三重県 鈴木英敬 知事)

(6月18日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る