DVによる立てこもりへ対応する訓練 被害者救出までの手順を確認 愛知県警津島署

2021年6月10日 19:01
 家庭内暴力に伴う立てこもりへの対応力を高めるため、警察が被害者を救出するまでの手順を確認する訓練を行いました。

 訓練は、現場の判断能力などの向上を目指し愛知県警津島署の警察官約25人が参加して行われました。

 住宅で夫婦間の家庭内暴力に伴う立てこもりが発生したことを想定し建物の外からの説得のほか最終的にガラスを破って突入し、被害者を救出するまでの手順を確認しました。

 警察によりますと、2020年、愛知県内で確認された家庭内暴力の被害は4188件に上っていて、警察は「訓練を通して対応力を高めたい」としてます。

これまでに入っているニュース

もっと見る