取材中に「おはようございます。警察です」 リコール事務局長、逮捕直前の様子

2021年5月19日 16:34
 愛知県の大村知事へのリコール不正署名事件で、警察はリコール運動の事務局長・田中孝博容疑者らを逮捕しました。逮捕前日の夜、田中容疑者がメ~テレの単独インタビューで語ったこととは。(5月19日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 19日朝、静岡県伊豆市のホテルの部屋から外の景色を見つめていた田中孝博容疑者(59)。

 元愛知県議で、愛知県の大村知事へのリコール運動の事務局長だった男です。

 午前6時半前、メ~テレの取材に応じていた最中に部屋の扉を叩く音がしました。

 「誰だろ?はい」
 「おはようございます。警察です」
 「警察…ちょっと着替えるの待っててくださいね」
 
 訪問してきたのは、愛知県警の捜査員でした。
 

地方自治法違反の疑いで逮捕された田中容疑者(19日)

メ~テレ単独取材中に警察が訪問、地方自治法違反の疑いで事務局長らを逮捕
 地方自治法違反の疑いで逮捕された田中容疑者。

 静岡県内の宿泊先のホテルから捜査員に引き連れられ出てくると、カメラのほうに目線を一度向けたあと、静かに車に乗りこみ、午前11時半ごろ、愛知県警本部に移送されました。

 

田中容疑者の自宅の捜索(19日午前6時半すぎ)

 警察によりますと、田中容疑者ら4人は、2020年10月下旬ごろ、愛知県の大村知事のリコール運動をめぐり、県外で、アルバイトに有権者らの氏名を署名簿に書き写すよう指示し、署名を偽造した疑いがもたれています。

 警察は、捜査に支障があるとして、4人の認否を明らかにしていません。
 

逮捕前日、メ~テレの単独インタビューに答える田中容疑者(18日)

宿泊先を転々…田中容疑者「捜査機関に体を持って行って司法の場にいきたい」
 最近では、宿泊先を転々としていた田中容疑者。

 逮捕前日の18日は、静岡県伊豆市に滞在。

 夜、メ~テレの単独インタビューに応じました。

 「一日も早く捜査機関に体を持って行って司法の場にいきたい」(田中孝博 容疑者)

 逮捕への覚悟を語った、田中容疑者。

 しかし、今後、想定される裁判では争う姿勢もみせています。

 「偽造署名をつくった・提出した部分、そこの地方自治法違反では、司法の場で審議されるべきだと思っています。裁判でジャッジすることだと思います」(田中孝博 容疑者)

 家族の関与が疑われていることについては次のように話しました。

 「家族を巻き込んだとは思ってません。基準は家族じゃないですから。リコール活動をやっていただいた方々が基準なので、その中にたまたま家族もいるという解釈をしていますから。それぞれの仕事・違う内容の中で、偽造と言われている部分の中の作業に関わっていたのではないかなということですよね。何に対して関わったかということは答えを控えさせていただきたい」(田中孝博 容疑者)

 そして、リコール活動を振り返りました。

 「リコール活動については、全く悔いはないですよ。ですが、現状においては非常に心苦しい。リコールを熱心に、ない時間の中でやっていただいた方に対して、署名していただいた方・関係者に対して、本当に申し訳ない、心苦しいに尽きます」(田中孝博 容疑者)
 

逮捕直前の田中容疑者(19日)

田中容疑者「リコール活動については、全く悔いはない」
 一夜明けた19日、逮捕の直前まで田中容疑者はメ~テレの取材に応じていました。

 愛知県警の捜査員の訪問に驚きながらも、覚悟していたのでしょうか、逮捕された田中容疑者。

 民主主義の根幹を揺るがしかねない、大規模な不正署名事件。

 その捜査が大きく動き出しました。

(5月19日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る