• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

入管収容中に死亡のスリランカ人女性 遺族らが葬儀に参列  名古屋

2021年5月16日 18:02
 名古屋の入管施設に収容中に死亡したことが問題視されているスリランカ人女性の葬儀が16日、市内の斎場で営まれました。

 守山区内の斎場で営まれた葬儀には、死亡した、スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の妹2人や、支援者らが参列し、棺に花を手向けるなどして突然の別れを惜しみました。

 妹のワヨミさん(28)は「お姉さんが亡くなったことはお母さんも私たちもすごく悲しいです。こんなことになって誰が責任をとっているのか私たちも分からない」と涙ながらに話しました。

 ウィシュマさんは在留ビザが失効し、2020年8月から名古屋出入国在留管理局に収容されていました。

 収容中に繰り返し体調不良を訴え、2021年3月6日に病院へ運ばれた後に死亡しました。

 法務省が、死亡した経緯の調査を指示していますが、死因は明らかになっていません。

これまでに入っているニュース

もっと見る