岐阜 過去最多の155人の感染確認 古田肇知事「緊急事態宣言」の要請を検討

2021年5月14日 19:29
 岐阜県は、14日、新型コロナウイルスの感染者が過去最多の155人となりました。古田知事は「緊急事態宣言」の要請を検討するとしています。

 岐阜県では14日、1日あたりの感染者数としては、過去最多の155人の感染が確認されました。

 また、笠松町の、高齢者入所施設で、職員と入所者5人の感染が判明し、岐阜県は新たなクラスターに認定しました。

 岐阜県の古田肇知事は「増え方が尋常ではない緊急事態措置区域へ手を挙げることも視野に入れておく必要がある」として、15日の本部員会議などで、緊急事態宣言の要請について検討するとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る