「カラオケはしません」など8項目、三重大が一部の学生に誓約書の提出を求める

2021年5月11日 19:03
 三重大学が一部の学生に対し「会食はしません」「カラオケはしません」などと書かれた、誓約書の提出を求めていることが分かりました。

 三重県津市にある三重大学は、緊急事態宣言が出ている、大阪など4つの都府県から対面授業に出席する学生に対し、「会食はしません」「カラオケはしません」など8つの誓約する項目にチェックして必ず提出するよう、4月から求めています。

 11日からは、愛知県から通う学生も対象になります。

 罰則は想定していないということですが、大学に通う学生からは「いくら感染対策でもやりすぎと感じる」といった批判の声が上がっています。

 大学側は「学生の安全を保つため」と説明しています。

 三重県の鈴木英敬知事は誓約書について…

 「手法については色々と議論がある。賛否両論あると思う」(三重県 鈴木知事)

 三重大学は誓約書を作成した当時、学生に、緊急事態の重みを意識してほしいとして、誓約の表記は正しいと考えましたが、「今となっては強く書きすぎた」と話し、近日中にシステムを見直すとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る