GW中「曜日最多」更新の日も 名古屋市は「実質的な満床」まで、あと僅か

2021年5月5日 15:06
ゴールデンウィーク中も新型コロナの新規感染者数は衰えることはありません。愛知・岐阜・三重の東海3県では連休中に「曜日最多」を更新した日もあります。そんな中、名古屋市の即応病床の使用率は80%を超え「実質的な満床」まで、あと僅かです。
 4月29日から5月4日までのゴールデンウィーク期間中の、東海3県の新規感染者数の推移をまとめました。

【愛知県】
4月29日(木) 426人 ※過去2番目の多さ
4月30日(金) 290人
5月1日(土)  397人 ※土曜日として過去最多
5月2日(日)  350人 ※日曜日として過去最多
5月3日(月)  304人 ※月曜日として過去最多
5月4日(火)  219人
5月5日(水)  224人

【岐阜県】
4月29日(木)  72人 
4月30日(金)  29人
5月1日(土)   96人 
5月2日(日)   60人 
5月3日(月)   64人 ※月曜日として過去最多
5月4日(火)   44人
5月5日(水)   63人

【三重県】
4月29日(木)  51人 
4月30日(金)  52人
5月1日(土)   49人 
5月2日(日)   49人 ※日曜日として過去最多
5月3日(月)   36人 ※月曜日として過去最多
5月4日(火)   31人
5月5日(水)   28人




 

名古屋市の即応病床の使用率

名古屋市の病床使用率は「実質的な満床」である85%まで、あと僅か
 感染者数が大きく減らない中、名古屋市の病床使用率がひっ迫しています。

 名古屋市で、新型コロナの患者がすぐに入院できるベッド=即応病床は275床ですが、退院者が出ても、消毒など次の患者を受け入れる準備の期間が必要なため、名古屋市としては「85%を超えると実質的な満床」としています。

 その即応病床の使用率が増え続け、3日に80%を超え「満床」に近づいています。

【名古屋市の即応病床使用率】
4月26日(月) 56.7% 
4月27日(火) 60.7%
4月28日(水) 66.9%
4月29日(木) 71.3% 
4月30日(金) 74.2%
5月1日(土)  74.6%
5月2日(日)  74.6%
5月3日(月)  80.7%

(5月5日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る