• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「本人確認が不十分だった」ワクチンを誤って3日後に接種 岐阜県各務原市

2021年4月27日 09:24
 岐阜県各務原市は、高齢者施設の入所者に対して、新型コロナのワクチン接種を誤って、1回目の接種から3日後に2回目を行ったと発表しました。

 厚生労働省によりますと、ファイザー製のワクチンは1回目の接種から18日以上(標準的には20日)の間隔をあけて2回目の接種を行うとしています。

 各務原市によりますと、21日に市内の高齢者施設に入所する86歳女性に対して、1回目の接種を行いましたが、誤って3日後の24日に2回目の接種を行ったということです。

 今のところ女性の体調に異常はなく、施設で健康観察を続けているということです。
 
 今回の原因について高齢者施設の担当者は「接種会場での本人確認が不十分だった」としていて、市は再発防止に努めるとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る