名古屋高裁長官の着任会見 「良質な司法サービスが提供できる環境を整備」

2021年4月19日 17:04
 名古屋高等裁判所の新しい長官が着任会見を開き、今後の抱負を述べました。

 白井幸夫長官は63歳で埼玉県出身です。長野地方・家庭裁判所の所長や、東京高等裁判所の部総括判事などを歴任しました。

 「管内の裁判所で、良質な司法のサービスが提供できる環境を整備していくことが最大の職責」と抱負を述べました。

 新型コロナへの対応についても触れました。

 白井長官「きちんと(裁判の)機能は保全しつつ、感染拡大の防止を行っていく」

 また裁判業務におけるITの活用も進めていくとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る