母の日を前に“カーネーション”の出荷が最盛期 愛知県田原市

2021年4月16日 17:10
 5月の母の日を前に愛知県田原市でカーネーションの出荷が最盛期を迎えています。

 田原市のJA愛知みなみでは、9軒の農家がカーネーションを栽培していて、このうち、河合貞雄さん(55歳)の温室ハウスでは出荷の最盛期を迎えハサミを使って70センチほどの長さに切りそろえる作業に追われています。

 河合さんによりますと去年の秋、気温が低く日照時間が長かったことから、例年より品質のいいものが多くできたということです。

 去年は新型コロナの影響で花の需要が下がり多くの花が廃棄されましたが、今年は例年通りの出荷ができる見込みだということです。

 作業は、来月9日の母の日の前日まで続き、東京や名古屋などに出荷されます。

これまでに入っているニュース

もっと見る