三重で29人感染、知事「独自宣言も視野」 変異ウイルスは87人中78人

2021年4月14日 19:11
 三重県では14日、新たに29人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。鈴木英敬知事は会見で「(県独自の)緊急警戒宣言が視野に入る大変厳しい状況」と話しました。

三重県庁

 三重県によりますと、すでに感染がわかっている87人を県が検査した結果、78人が変異ウイルスに感染していたことが分かりました。

 三重県の変異ウイルスの感染者は、あわせて195人になりました。

 クラスターも拡大しています。

 松阪市の飲食店で発生したクラスタ−は、新たに客1人の感染が確認され、関係する感染者はあわせて7人となりました。

 クラスターが発生している松阪市民病院では、新たに入院患者3人の感染が確認され、関係する感染者は合わせて12人になりました。

 鈴木知事は14日の会見で、県内の感染状況について「まん延防止等重点措置を要請する段階ではないが、(県独自の)緊急警戒宣言が視野に入る大変厳しい状況だと受け止めている。改善がみられなければ、強い措置をお願いせざるを得ない」と話しました。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る