教会でクラスター発生し36人感染、数十人で歌唱か 168人感染確認の愛知

2021年4月13日 19:22
 東海3県では13日、新たに226人が新型コロナに感染していることが確認されました。愛知県豊田市では、教会でクラスターが発生しています。

 愛知県では、168人の感染がわかりました。このうち、名古屋市は43人、豊田市で29人などとなっています。

 会見した大村知事らによりますと、豊田市内の教会でクラスターが発生していています。

 36人の感染が確認されていて、この教会では、2回に分けて合わせて130人程度が集まり、歌を歌っていたということです。

 また、大村知事は会見で、県内の新型コロナの新たな感染者が増えていることから、「まん延防止等重点措置」を国に要請する考えを示しました。

 5月のGWの前までに、感染者の拡大を抑え込みたいとしています。

 岐阜県では、35人の感染がわかりました。1日の感染者数が、30人を超えるのは、2月5日以来、67日ぶりです。また、これまでの感染者のうち4人が、変異ウイルスに感染していたことがわかりました。

 三重県では、23人の感染が確認されました。四日市市で、11人などとなっています。県内の医療機関に入院していた70代の男性が死亡しました。また、これまでの感染者のうち3人が、変異ウイルスに感染していたことがわかりました。

これまでに入っているニュース

もっと見る