ワクチン接種後の発熱や倦怠感「普通にみられる反応、安心してOK」 接種後データ集める三重病院

2021年4月13日 16:37
 岐阜市と三重県津市、四日市市でも、12日から高齢者施設などでワクチン接種が始まりました。気になる副反応について取材しました。
三重県の高齢者施設でワクチン接種始まる
 12日から、三重県の高齢者施設でワクチン接種が始まりました。

 「高齢者施設のクラスターは全国的な問題。高齢者施設でクラスターが起きると入院患者の数が急に多くなるので、病床のひっ迫を防ぐためにも、高齢者施設での早期のワクチン接種は必要です」(いこいの森・東憲太郎施設長)と言います。

 津市では市内6カ所の介護保健施設の入所者から接種を始め、そのほかの高齢者には来月中旬以降に接種を開始する予定です。

 総理官邸によりますと、全国では12日に1139人がワクチンを接種しました。

 メ~テレの集計では東海3県で190人が接種しました。

 厚労省には、13日の午前までに重い副反応の報告はないということです。

 では副反応は、どの年代で、どのように出るのでしょうか?

 三重県では、先行接種を受けた医療従事者に副反応の調査を行い、その情報をインターネットで公開しています。

 データをまとめているによると、1回目の接種より2回目に副反応が多くみられたということです。

 「38~39度の熱があった人もいると聞いている。37度5分の微熱程度で終わる人もいれば、解熱剤を必要とするくらいの高熱が出た人もいた。」(国立病院機構・三重病院 菅秀副院長)
 

ワクチン接種後の体温は(出典・COV-Safe)

ワクチン接種後の体温は?
 先行接種した医療従事者の接種後の健康状態について国立病院機構三重病院が出したデータを見ていきます。1回目と2回目の接種でどのような反応の違いがみられたのでしょうか?

 発熱・1回目の接種は、ほとんどの人が発熱はしませんでした。

 2回目は、接種翌日におよそ30%の人が37.5度以上の発熱の症状があり、最高で39.8度まで発熱した人が2人いたということです。

 2日後も6%の人が発熱の症状が起きましたが、3日目以降はほとんど回復傾向だったということです。
 

ワクチン接種後の倦怠感(出典・COV-Safe)

ワクチン接種後の倦怠感
 倦怠感・体がだるいなどの倦怠感はどうでしょうか。

 接種翌日をみると、1回目は症状がない人が多い中、軽度以上の倦怠感が20%。

 2回目の接種時は、73%の人が倦怠感を訴えました。そのうち「高度」は11%でした。

 この高度というのは、日常の生活などに影響を及ぼし、中には、仕事を休むほどのだるさがある症状のことです。

 倦怠感についても、日にちが経てば落ち着いてくるということです。
 

ワクチン接種後の頭痛(出典・COV-Safe)

ワクチン接種後の頭痛
 頭痛はどうでしょうか。

 1回目の接種では、接種翌日に13%の人が頭痛の症状を訴えました。

 鎮痛剤などが必要だったり、仕事などに支障が出る程度の「中等度から高度」の頭痛を訴えた人は、多くても、接種翌日に3%程度。

 2度目の接種時は、53%の人が頭痛を訴え、接種翌日には23%が「中等度~高度」の頭痛を感じていました。
 

ワクチン接種後の頭痛に男女差は(出典・COV-Safe)

頭痛に男女の差はあるのだろうか?
 男女別はどうでしょうか。

 頭痛を例にみてみると、1回目の接種の時は、男性が5%で、女性が15%症状を訴えました。

 しかし、2回目の接種では、接種翌日、男性で症状を訴えた人が40%でしたが、女性は57%と男女に差がありました。

 この男女の違いについて三重病院の菅秀副院長は「女性のほうが発熱などの症状がみられるのは、確認されているが、コロナワクチン特有かはわからない。今後、治験数などを重ねて原因を調査していきたい」としています。
 

国立病院機構 三重病院 菅秀副院長

普通にみられる反応 体調や仕事を考慮して接種しましょう
 こうした副反応について国立病院機構・三重病院 菅秀副院長は、「普通にみられる反応だと、自分だけが特別に何か悪いわけじゃない。逆に安心していただける材料になるのかなと。このワクチンを打つと、3~4割は翌日には、37.5度以上出るのが普通なんだと、認識していただいて、逆に不安にならない材料になるのかなという感じがします」

 3割は症状がみられるということです。

 「反応が出たから、不安になるのではなく、それが普通の症状。また、翌日に頭が痛くなったとか熱っぽいとコロナかなと心配するかもしれないが、呼吸器症状がなければ、大丈夫と安心感につながる」

 逆に、呼吸器症状などの状態が続けば、副反応ではない可能性もあるということです。専門家に相談をしましょう。

 ワクチン接種は、過度に恐れることなく、自身の体調や仕事などを考慮して、接種しましょう。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る