臥龍桜が満開、樹齢1100年を超す国天然記念物 岐阜県高山市

2021年4月9日 08:00
 岐阜県高山市一之宮町で、国の天然記念物に指定されている「臥龍桜」が満開になり見ごろを迎えています。
 臥龍桜は樹齢1100年を超えるエドヒガンザクラで、龍が臥せているように見えることからその名が付けられました。

 今年は、去年よりも12日早く今月3日に開花し、8日に満開となりました。

 枝ぶり30mを超える桜の周りには地元の人などが訪れ、咲き誇る桜の様子をカメラにおさめていました。

 毎年、開花時期に特産品などを販売する桜まつりが行われますが、今年は新型コロナの影響で去年に引き続き中止となりました。

 臥龍桜は、今週末までが一番の見ごろだということです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る